自炊空間ムービー

自炊とは?

自炊とは、自ら所有する書籍や雑誌をスキャナー等を使って電子書籍に変える行為を指す俗語です。語源は「自分で本の内容を吸い出す」という意味の「自吸い」といわれています。ではなぜ本を電子書籍化する必要があるのでしょうか?本を電子化メリットは5つ挙げられます。

①電子書籍化することで本の置き場所を減らせる

本棚にいっぱいある本を・・・
本棚にいっぱいある本を・・・
1つのフォルダにまとめられます。
1つのフォルダにまとめられます。

②電子ブックリーダー1台でたくさんの本を持ち運べる

スマートフォンで簡単に電子本棚が作れます!
スマートフォンで簡単に電子本棚が作れます!
Ipadですと、より本が見やすくなります。
Ipadですと、より本が見やすくなります。

③黄ばんだ本を元通り&劣化せずに保存できる

本は日が経つにつれ黄ばんでいきます。
本は日が経つにつれ黄ばんでいきます。
しかし電子書籍化すると黄ばみを目立たなくさせることができ、劣化しません。
しかし電子書籍化すると黄ばみを目立たなくさせることができ、劣化しません。

④小さい文字も拡大できるから本が読みやすくなる

ピンチアウト(指2本使って広げる)すると・・・
ピンチアウト(指2本使って広げる)すると・・・
文字がでっかくなっちゃった!!
文字がでっかくなっちゃった!!

⑤OCR処理することで文字検索が可能になる

検索したい文字を入力!!
検索したい文字を入力!!
するとその文字が検索できます。
するとその文字が検索できます。

本だけでなく、本以外の物(パンフレットや会報、講義ノート、資料や論文集など)も自炊することができます。

自炊空間へ行くメリット


自炊を行うには最低限「スキャナー」が必要です。また効率的に本を裁断したければ、カッターを使うのではなく「裁断機」も欲しいところです。つまり、継続的に自炊を行っていくとなると「スキャナー」「裁断機」「パソコン」という3つの機材への初期投資が必要になります。 自炊空間では自炊に必要な機材(裁断機、スキャナー、パソコン)を低価格で利用できます。どうぞ気軽にご来店下さい。