自炊空間ムービー

 · 

裁断機の刃の交換、メンテナンスはプロに任せた方がいいです(PK-513LNを除く)

2月5日は通常通り21時(最終受付20時30分)まで営業しています。

 

 

当店が使用している裁断機Durodex-200DXやPK-513Lは自分で刃を交換できます。インターネットでやり方を検索するとたくさん出てきます。ですが、裁断機の刃の交換は自分でやるより専門業者(その裁断機を販売しているメーカーがベスト)に頼んだ方がいいです。なぜなら油の注油や損耗箇所を報告してくれたり、交換をしてくれるからです。裁断機は強い力を使って動かすのでよく壊れます(僕はスプリングと呼ばれるバネを何本も折ってきました)当店が使っている裁断機のメーカーの高崎精機はメンテナンスパックというサービスがありますが、損耗箇所や刃の研磨回数の上限を超え、交換しなくてはいけなくなったら電話や手紙で教えてくれます。非常に親切です。過去にPK-513L、PK-513LN、Durodex-200DXの3つを当店で採用していましたが、こういったサポートの厚さがDurodex-200DXに統一した理由の1つです。

 

 

ご来店お待ちしています(^^)/