自炊空間ムービー

 · 

iX1500、iX500の清掃のやりかた

11月22日は通常通り21時(最終受付20時30分)まで営業しています。

 

 

今回はScan Snap iX1500、iX500の清掃のやり方を説明します。無水エタノールキムワイプサイバークリーン、綿棒を用意して下さい。

富士通の純正品の清掃具は高いし、量少ないし、古い本や外国の本の強力な糊が読み取り面についたら取れません。エタノールならすぐ取れます。キムワイプは細かい埃が付きにくいのでおすすめです。眼鏡拭きやティッシュはそれ自体に埃がついているので拭いたら読み取り面に埃がついてたなんてケースがよくあります。キムワイプはザラザラしているから読み取り面に傷つけるんではないか?という疑問もありますが、湿らせれば大丈夫です。そもそもドキュメントスキャナで紙をスキャンすること自体がスキャナの読み取り面に傷をつけるので傷をつけることに敏感な人は、スキャナを1回もスキャンせずオブジェとして飾っておくことをおすすめします。サイバークリーンは必須です。埃やごみをとる力は最強なんではないでしょうか。


まずスキャナのサイズを合わせるガイドの溝をエタノールをつけた綿棒でゴミをかき出します。その後、カバーを開けスキャナ全体をサイバークリーンを押し付けてゴミを取ります。


スキャナのコンセントを抜き、電源を抜きます。写真のようにサイバークリーンをちぎって綿棒に乗せ、一番ゴミがたまるセンサー部分を掃除します。


最後に読み取り面とタッチパネルのほんの少しエタノールを付けたキムワイプで拭きます。(必ずスキャナの線を抜いて電源を切って下さい。タッチパネルはあんまり清掃しないほうが無難です。頻繁にやると故障するかもです)

 

 

ご来店お待ちしています(^^)/