自炊空間ムービー

 · 

iX1500のレビュー  iX500との比較

6月7日は通常通り21時(最終受付20時30分)まで営業しています。
ScanSnap iX1500に切り替えて8か月立ちました。4台あるうち、1台あたりの総スキャン数が大体25万〜35万スキャンぐらい使っていますが、現時点の感想を述べます。
Good
①スキャンとOCR処理を並列処理してくれるのでスキャンが終わったらすでに検索可能なPDFが出来上がる(PCのCPUがIntelのCore i7の場合)
②iX500と比べるとスキャンスピードがかなり早い。
③iX500の排紙トレイはかくかくしていて、排紙の際ひっかかって詰まるときがあるが、iX1500は綺麗なカーブをしていてひっかからない。
④全体的にiX500より壊れにくい。本の幅を変えるガイドがiX500はちょくちょく壊れていたがiX1500は今の一回も壊れていない。またiX500はスキャンが始動するボタンがちょくちょく壊れていたが、iX1500は液晶をタッチして始動するので壊れる心配がない。
⑤縦筋軽減機能がすばらしい。iX500の時より7割ぐらい縦筋が入らなくなった。
Bad
①原稿上向きセット、コネクトアプリケーションへ転送、PDFからJPEG変換機能が全て廃止された。
②縦筋検知機能は縦筋が入っていないのに入っている可能性がありますと通知される。
③ファイル名自動生成機能は横書きの書類の場合使えるが、本の場合、使えない
④スキャン中のサムネイルがなくなったため、原稿のセットの向きをまちがえたり設定を間違えた時、気づきにくい
悪い点も書きましたが、優れたスキャナであることは間違いないです。Amazonレビューでは酷評されていますが、先日あったファームウェアアップデートで大半の不具合は解消されています。ご購入の参考になれば幸いです。(このレビューはただの当店スタッフの主観、感想です。)
ご来店お待ちしています。